Metro-Mens.com
雑記「Don't call me, Henry」
 
「URBAN RESERCH」とのコラボ:「エテュセ オム」の限定キット
7/12からロフト限定で、
「エテュセ オム」の限定キットが発売されていますね。

容器のスタイリッシュなデザインと、
さまざまなニーズに応えるアイテム数が魅力のこのブランド。
今回は、人気セレクトショップ「URBAN RESERCH」とのコラボを展開。
ソープ2個+泡たてスポンジ+オイルオフペーパー+
カーキのフェースタオルが入ったソープエディション(¥2100)のセットと、
3種類から選べる薬用アクネウオーター+オイルオフペーパー
+グレーのフェースタオルが入ったウオーターエディション(3タイプ/各¥1890)の、
合計4種類をセットに取り揃え、限定発売してます。

*
今日、知人を待っている間にロフトに買い物に。
ちょうどイエローバザーを展開していて、
インテリアや雑貨などが大幅に値下げされていました。

そんな中、コスメフロアで一際目立っていたのがこのキット。
“雑誌を持ち歩くように”とコピーにあるように、
まるで一冊の本にコスメが収納されているようなデザインに、ついつい視線が。
持ち歩くには少々大きめの箱でしたが、
部屋に飾っておいてもシンプルな洗練さを演出してくれそうなのも良い感じです。

コスメビギナーさんは、洗顔ソープのキットでまずはソープエディションを。
保湿ケア習慣のない、洗顔オンリーの人はウオーターエディションを選んでみて、
この機会に男のスキンケアを体験してみては?

無くなり次第終了とのことなので、急いで!

*
「エテュセ オム」は、まだスキンケアを始めたばかりの頃、
そのデザイン性に惹かれて購入し、使って「楽しい!」と初めて思えたブランド。
「メンズコスメ」を最初に好きだと思えたのも、コレでしたね。

よく男性雑誌などで美容特集を拝見しますと、
大抵は“モテ”とか“トラブル解消”といった言葉が目立っていますが、
「エテュセ オム」だけは、本当に「楽しむ」ということを提供しようとしているよう。

私自身スキンケアをしていますが、最初はトラブル改善が目的でした。
でも今は、少し考え方が変わって、楽しいと思う部分のほうが強いですね。
(だからコスメが好きなのかも)。
それを教えてくれたのが、「エテュセ オム」なのです。

もしかしたら、ここの考え方に共感したのが、
化粧品業界に飛び込んだ理由だったのかもしれません。

*
[ ETTUSAIS HOMME ]
http://www.ettusaishomme.ne.jp/
[PR]
# by katefactory | 2005-06-28 01:51 | 化粧品
ガンダム占い
Yahoo!JAPANで、「ガンダム占い」を発見。
これは、絶対やらなきゃ!!と、早速やってみました。

*
■katefactory / 蠍座・A型
『一撃必中……地味だけど、強いんだぞ』ジム(スナイパーカスタム)

《このキャラクターの特徴は?》
自ら掲げたモチベーションを、努力の積み重ねによって必ず達成するアナタ。
さすがガンダム並みの高性能機。
狙った獲物は逃がさないその姿は、まさにスナイパーですね。
ただし、頑固すぎる自己主張は周囲から単に煙たがられるだけ。
また、頑固さが執着に変わると、常識外の行動に出ることもあります。
寡黙なだけに、イキナリ行動に出られるとちょっと恐いかも。

《アナタの基本性格は?》
控え目で口数が少ないアナタ。
口には出さなくても確固たる目的や理想を狙って撃ち抜く
その姿はスナイパーならではでしょうか?
自ら掲げたモチベーションは努力の積み重ねによって
必ず達成していく強い精神力を持っているのです。
これだけならさして目立たないキャラクターに思われますが、
伊達に“ガンダム並の性能”と噂されてるわけではなく、
その高性能っぷりと、努力で培われた自信がアナタの存在感になっているので
周りから一目置かれるのでしょう。

…だそうです。

*
コレを戦場で言われれば、「死にに行け、と?」と疑問に思うところですが。
(まぁ、坊やですから)。

48パターン(12星座×4血液型)を全部チェックしますと、
他もあまり変わらないな…と、安心(?)。
ガンダムやシャア専用機もちゃんと用意されていましたが、
ほとんどが、シニカルなキャッチコピーでした。

「ニュータイプ専用ガンダム。でもさらりと討ち死」とか…。
「爆薬鎧で身を固めた悲恋のNT専用機」とか…。

あなたのガンダムキャラはどれでしたか?
[PR]
# by katefactory | 2005-06-27 03:03 | 雑記
ブルガリ「オ・パフメ」
百貨店まで買い物に出かけたら、
夏限定フレグランスのブルガリ「オ・パフメ」が、
ちょっとしたイベントっぽくプロモーションを実施してました。

個人的には、「オ・パフメ」の爽やかな薄いグリーンのボトルや、
ほんのりグリーンティが交じった柑橘系の香りが、
落ち着いた洗練さを醸し出しているので好き。
もちろん早速売り場に足を運び、すかさずチェックしてきました。

*
日頃から、“オムニア(クリスタリンも)”や“プール オム”、“ブルーノッテ”などで
お世話になっているブルガリ。

この、「オ・パフメ」は女性に絶大な人気を誇っているようですが、
実は男性にもおすすめできるユニセックス・フレグランス。
ミストタイプで、香り立ちも早く調節が簡単なのも良い感じ。

個人的に一番好きなのは、クールダウン効果を併せ持っているところ。
朝夜シャワーを浴びてから眠りまでの間、
夏の火照った体をひんやり癒してくれるので、この季節特に嬉しいですね。
バイヤーさんの話ですと、汗を抑えてくれる効果まであるのだそうです!

ちょうど最近発売され始めた、この限定サマーフレグランス。
涼しげな印象を演出するのに、使ってみるのも良さそうですね。
[PR]
# by katefactory | 2005-06-26 22:54 | 化粧品
クリニーク「M protect SPF 21」
昨日電話をくれた友人が、沖縄より帰還。
お土産に、“さんぴん茶”などのお茶数種と海葡萄。
それから、クリニーク「M protect SPF 21」をいただきました。

今まで、美白ケアには念入りに気を配っても、
日中UVカットはあまり注意しておりませんでした。
しかし、先日ある講習で、“紫外線ダメージに傷ついた肌”の実例写真を見たとき、
「やっぱり、UVカットは必須!!」と衝撃を受けたことが。
その影響もあり、この機会にぜひ!とばかりに頼んでおいたのです。

(実例写真というのは、欧羅巴(ヨーロッパ)の或る国のタクシー運転手さんの肌で、
 何十年も窓際側の顔面半分を紫外線の下に晒されていた状態と、
 車内側の顔面半分(紫外線のほとんど当たらない状態)の比較した写真でした。
 それを見せられたときには、本気で紫外線ダメージが怖くなりました…。

 紫外線ダメージを受けていないほうは、
 見た目にも若々しくつるんつるんした肌。
 もう片方は、肌の奥深くまでシワが刻まれ、肌も硬くなっているようでした。
 大げさな例と言えど、“警告”には充分な威力を持っていました…)

*
このクリニーク「M protect SPF 21」は、UV効果のあるオイルフリー乳液。
化粧水の後につけるだけで、肌にみずみずしい潤いを与えながら、
紫外線ダメージから肌を守ってくれます。

昨日のエントリーで、カラーローションについて触れましたが、
肌感の演出という面では、これもベースメイク効果もありそうな使い心地です。
しかし、テクスチュアはとても色つきのリキッドファンデーションっぽいのですが、
実際塗ってみると無色透明で、キメだけが整えって見えるような補正効果が!
さらに、仕上がりはさらさらの肌触りで、
無色のファンデを軽く塗ったような艶を肌に演出してくれます。

スキンケアの仕上げで、毛穴の開きやキメの乱れがきちんとカバーできるのなら、
朝晩の手間が増えることはありませんし、思ったより使い勝手が良い感じ。
しかもUV対策までしっかりできるなら、言うコト無し!

塗ったときに肌から香る“クリニーク臭”で、好みが分かれるところでしょうが、
夏向けの日中用乳液をお探しの方は、チェックしてみて損は無いかもしれませんね。

*
[ Clinique(クリニーク) ]
http://www.clinique.co.jp/
[PR]
# by katefactory | 2005-06-25 22:02 | 化粧品
嗚呼、メンズコスメな日々/韓国メンズコスメ「HERA」
ここ最近は、今まで考えられなかったくらい超超超仕事がハードな日々。
化粧品にどっぷり浸かっているので、結局楽しく暮らしております。
(仕事が楽しいと言うと、寂しい人ね…なんて言われたことありますが)

そんな多忙な毎日でも、週末はきちんとお休みしています。
昼まで寝たり、真昼からバスタイムを楽しんだり。
或る意味、休日らしい休日を過ごしております。

今日、そんな私を騒がしく目覚めさせたのは知人からの電話。
現在沖縄へ旅行中で、免税店に立ち寄っているとのことでした。
外資系ブランドのメンズコスメで何かいらないか?と連絡をくれたので、
思わず「ランコム オム。ランコム オムは?」と催促してしまいました。

しかし、残念ながらお取り扱いしていたのは、
「クラランス メン」と「ビオテルム オム」の2種類とのこと。

嗚呼。憧れの「ランコム オム」を手に入れるには、
通販かフランスまで行くしかないのでしょうか。

近々、フランスか韓国辺りまで、メンズコスメ買出し旅行に行きたい今日この頃です。
(まとまりなくて、すみません。取り急ぎ、近況報告をば)

*
話は変わります
韓国のブログで、こんな記事を発見。
韓国の男性のスキンケア・メイクアップの習慣化は、
日本以上に進んでいるようで、
しかもUV対策、ファンデーション使いも一部では習慣化されつつあるようです。

*
この記事の中で紹介されていた「HERA HOMME(ヘラ オム)」にも、
カラーローションがラインナップに。
ベースメイクをする、と言えば少し違うイメージが沸きますが、
スキンケアの仕上げで「肌色を演出する」と言えば、
それは案外、日本でも需要がありそうなアイテムかもしれませんね。

不安定な生活習慣だと、肌も敏感になりがち。
くすんでいたり艶が無いときでも、
手軽に生き生きとした肌が手に入るなら、
日中用乳液代わりに使っても良さそうな気がするのです。
「ファンデ」と言われると身構えてしまうでしょうが、
「ローション」と言えば、それほど変な先入観も働かない。
個人的には、そのアイテムを初めて知ったとき、そんな印象を抱きました。

このアイテムは保湿ケアをするとともに、
配合されたパウダーがベースメイク効果を発揮するもの
見た目の上で効果を実感しやすい点も、
日本人男性に巧くリリースすれば受け入れられそうな気もしますね。
肌色を速攻で変えたいけど、女性向けのアイテムを使うのはちょっと…という男性が、
スキンケアユーザーの中には結構いそうですが、いかがでしょう?

明日は、韓国人男性に、どんな色モノがヒットしているのか探してみようかな。

*
[ HERA ]
http://www.hera.co.kr/index.jsp
[PR]
# by katefactory | 2005-06-24 00:11 | 化粧品
怒涛の読書週間
最近は読書週間になっています。
安部和重氏の「グランド・フィナーレ」に始まり、
嶽本のばら氏の作品をいくつか読み終えました。

*
ここ最近読んだ本の中でも、
嶽本のばら氏の小説集「エミリー」はかなり素敵な仕上がりで、ヒット。

嶽本のばら氏の描く主人公は、
いつも“美しいホールデン(ホールデン=「ライ麦畑でつかまえて」の主人公”と
思ってしまうような、アウトサイダーゆえに輝く少年少女が魅力的。
幻想的で、徹底的に孤独を美しいものに変換する能力に優れているのです。
「エミリー」の主人公エミリーもその一人です。

エッセイ集「それいぬ-正しい乙女になるために-」も、
「もし私が無人島に一冊だけ本を持っていけるなら?」という質問に、
即座に選んでしまいそうなほど、こよなく愛している作品です。
こちらも合わせて、ぜひ読んでみてはいかがでしょう?

*
そうそう。新刊「下妻物語・完」も、今日購入してきました。

音楽も映画も文学も、私はほとんど作家で選ぶことはありません。
今まで音楽で選んだのは、椎名林檎。
文学で、全作品を愛読したのは嶽本のばら氏だけだったり。
[PR]
# by katefactory | 2005-06-23 23:47 | 小説・文庫本など
ビオテルム「ラインピール」
最近ご無沙汰しております。
ここのところ充電期間…と少し休養をとっていましたが、
今日から、また再開したいと思います。

更新が停止していたにも関わらず、
足を運んでくださっていた方々、ありがとうございます!
これからもよろしくお願いします。

コメントのほうも、近日中にはお返事いたしますね!

*
さて、今日ご紹介したいのは、
今年のお正月に発売した、ビオテルムのピーリングアイテム「ラインピール」。

夏の間は、テカリやニキビ、毛穴トラブルなど、
肌の悩みが深刻になりやすいとき。
そんなシーズンに角質ケアは欠かせない!とばかりに、
私はピーリングアイテムのチェックをしています。

今年は、3月に発売したRMK「ジェルスクラブ」で決まり?と思っていましたが、
ビオテルムの「ラインピール」もなかなか捨てがたいスペシャルアイテムです。

*
このアイテムで特筆すべきは、
ギュッと濃縮されたビオテルム独自のスパ成分が、
ピーリング特有の痛みや刺激を即座に抑えてくれるという点。
「スクラブで肌を傷めたことがあって…」という人も安心かも!
まるでヨーグルトのようなとろっとしたテクスチュアを肌にのせるだけで、
肌本来がもつピーリングの働きを促し、細胞の生まれ変わりをサポート。
目に見える形で、スピーディに肌色を明るく整えて、
さらにキメの細かいみずみずしい肌に導いてくれるのです。
しかも、ベーシックケアの最後に使用するから、
角質ケアされた肌状態が、日中も夜も長時間キープできます。

今までのピーリング観に、しなやかに革命を起こした「ラインピール」。
肌の硬さや毛穴の目立ちが気になる男性は、一度試してみては?

*
[ ビオテルム ]
http://www.biotherm.com/
[PR]
# by katefactory | 2005-06-22 23:59 | 化粧品
ターコイズブルーのカーテン
ここ半年近く愛用していた若草色のカーテンが急に嫌になったので、
早速インターネットで、ターコイズブルーのカーテンを探し出して注文。
優しい色合いより、とても清潔で凛とした、
そして冷ややかな色が部屋に欲しくなったので。
(ここのところ続いた蒸し暑さが関係しているのでしょうか)。

インターネットで調べてみますと、
ブルー系の色って、安定した精神状態をもたらすカラーなのだそうです。
空とか海とか、解放感溢れるイメージが沸きますものね。

*
以前から、遊びに来た人に「部屋が男性らしくないね」と言われてここ数年。
自分ではそんなことを、まったく意識してませんし、
私としては、清潔感があって精神的に涼しげな部屋が好きなのですが。

最近作りたい部屋のコンセプトは、「リゾート」。
美しい土地の、隠し部屋のような限定された世界に、ずっと浸っていたのかも。
あの、優しい時間に。

そんな風に考えながら、新しいカーテンが来るのを
楽しみに待つ今日この頃です。

みなさんは、どんな部屋が好きですか?
[PR]
# by katefactory | 2005-06-21 22:20 | 雑貨
「少年時代」
CDショップに立ち寄ったら、邦画「少年時代」のDVDを発見。
今年になって、東宝セレクションとして発売されたよう。
待ちに待った!とばかりに、即座に購入してきました。
この映画は、「ブラザーフッド/何度観ても泣ける映画」でも触れたように、
何度見ても心を揺さぶられる映画です。

*
物語の舞台は、昭和19年の富山。
空襲が激しくなりつつあった東京から、
主人公である進二(藤田哲也)が、富山の親戚の家へと一人で疎開してきます。
そして出逢った、地元のガキ大将、武(堀岡裕二)と進二。
この作品は、二人の少年を軸に地元の少年たちの「社会」を描いています。
言い換えれば、子供たちの「戦場」でも良いかもしれません。
少年が大人になるまでの、通過儀礼的な“戦い”を見事に表現しています。

その一端には、多くの映画評論家たちが指摘したように、
友情の裏に、少年の性愛的な恋愛要素が多分に含まれています。
見知らぬ世界から来た少年から、新たなことを知る喜び。
まわりの目を気にして、好意を素直に認められない戸惑い。
嫉妬、独占欲、優しさ、守りたいという気持ち。
そんな武の進二に対する行動は、異性間の恋愛とよく似ています。
史劇としても素晴らしいですが、
少年二人の繊細な成長の記録は、みずみずしい魅力に溢れています。

藤子・A・不二雄氏の原作の漫画も、名作と銘打つべき作品ですが、
映画は別格の仕上がりで、ラストシーンに涙した方は多いことでしょう。
同名の主題歌、「少年時代(井上陽水)」は、大ヒットを記録しました。

*
本当は、レビューをエントリーしたいのですが、
映画全体で無駄な隙も無く、どれもが重要なシーンばかり。
何かについて特筆した途端、絶対に不満足なレビューしか書けない気がするのです。
これについては、語るより「観て」とお勧めするほうが適切でしょうか。

邦画史上、最高傑作として評されることもある「少年時代」。
まだ観ていない方は、ぜひチェックを!

※実は、DVDを買ったその日に3回も観てしまいました…。
個人的には、何度観ても新たな発見があって見飽きない作品です。
[PR]
# by katefactory | 2005-06-20 22:05 | 映画
「クラランス メン」のスターターズキットがリニューアル
「クラランス メン」のスターターズキットが、リニューアルしたよう。
WEB限定で、販売中なのでしょうか。

セット内容は、洗顔料、保湿ジェル、スクラブ、シャンプーが、
特製ポーチに詰められているというもの。
通常サイズとトライアルサイズの量で価格を算出しましたが、
約1000円+ポーチ分は、きちんとお得にはなっているようです(付加価値の価格はなく)。
「クラランス メン」のスキンケアに興味がある方、チェックしてみては?
(ちなみに、本サイトでもコラムに取り上げています。
 こちらです)

*
[ クラランス メン ]
http://www.clarinsmen.jp/
[PR]
# by katefactory | 2005-06-20 10:37