Metro-Mens.com
雑記「Don't call me, Henry」
 
2005年 05月 16日 ( 1 )
「今月の新製品」スタート!/作りながら身に染みたこと
本HP[ Metro-mens.com ]にて、
コンテンツ「今月の新製品」をスタートしました。

今回ピックアップしたのは、3品。
男性向けに情報を提供したいと思っているので、
“スキンケアアイテムを選ぶ”や“男性の肌トラブルを意識する”など、
いろいろピックアップ条件に制限はついております。
また、私が今後アイテムを選んでいく上で重要視するのは、
メーカーのウェブサイトに新製品情報があるかどうかです。

予備知識として、メーカー側が提供する商品情報を得て気に入れば、
アイテムの選び方も少し変わってくるだろう、との考えからです。

また、もう一つ条件に設定したのは、
女性消費者を意識して開発されたアイテムでも、
男性に受け入れやすそうだと思えるもの。
その条件に従って、セレクトしています。
新製品情報をお探しの方、良かったら覗いてみてくださいね!

[ 「今月の新製品」/Metro-Mens.com ]
http://www.metro-mens.com/

*
話は変わります。
このページを作りながら身に染みて感じたのは、
“メンズコスメオンリーの媒体”が成立するのは難しそうだということ。

新しい情報を提供しようとしても、その話題が無い。
新製品が出たとしても、数の上で女性向けに比べて圧倒的に劣っています。
過去に発売された製品で特集は組めても、
新製品の特集は困難を極めますね。

新製品を選んで掲載しようとしたら、
やはり「女性向けのアイテムを男性にも浸透させていく」流れになりそうです。

*
だから、「Metro-Mens.com」を作りました。

男性化粧品メインの情報配信をするためには、
“世界中のメンズコスメを探して”、提供することも必要。
と同時に、女性向けの化粧品を男性に紹介することも、
市場を拡大するためには必要なことだと思うのですよ。
例えば、以前紹介した「MEN'S CLUBの化粧品特集が好きです。」みたいにね。

今回選んだ3品も、女性向けのアイテム。
けれど、ボーテ ド コーセー ハイドロエナジスト「ウォッシングパウダー」の
ホワイトグリーン(ターコイズブルー?)のボトルは、
男性でも使えそうな清潔感がありますし、
洗顔後の乾燥やハリのなさが気になる人も多いはず。
イプサ「オンザピーク ローションセラム」は、値段こそ男性向けより少々高いものの、
アンチエイジングやアミノ酸というキーワード、
そしてフレグランスボトルのような容器のデザインは、
男性にも何かを訴えかけるようなセンスが光っているよう。
ハウス オブ ローゼ「ポア クリア ジェル」も、
毛穴トラブルに悩む男性におすすめできそうなアイテムです。

*
私は、時々こんなことを考えます。
もし、メンズブランドとして高評価を受けている「SHISEIDO MEN」の対抗ブランドが、
実は消費者の間では「ボーテ ド コーセー ハイドロエナジスト」だったなら?
今後、そうなる可能性がゼロだとは、誰にも言えないでしょう。

私は、そういった既存の戦略が崩れ、再構築を求められる瞬間を見てみたい。
「時代が、想像を裏切る方向へと進むとしたら…」。
そう、想像するだけでドキドキしてきませんか?
男性が、本当の意味で“化粧品を選ぶ”時代の到来です。

だから私は、男性向けの化粧品系媒体作りにチャレンジしてみたいのです。
[PR]
by katefactory | 2005-05-16 23:18 | 化粧品