Metro-Mens.com
雑記「Don't call me, Henry」
 
2005年 05月 12日 ( 1 )
有閑マドモワゼル
本日は、会社帰りにコーヒーショップに立ち寄って読書を。

たまに早く帰れるときは、絶対買い物をしに行く私。
買い物をしないときは、決まってコーヒーショップに立ち寄って読書をするのです。

今日読んだのは、お酒の席で同僚が貸してくれた
長谷部千彩氏の著作「有閑マドモワゼル」。
某女性誌で連載されていたコラムをまとめたものですが、
イイ女の我侭っぷりや“人生のひとくだり感”が艶(なまめ)かしい、素敵な作品です。

*
僭越(せんえつ)ながら、この本の好きな点を一つ挙げますと、
「男に愛された女は勝ち組!」的な香りを、ものすごく強く感じるところです。

中身を読んでいただければご理解いただけるかと思いますが、
長谷部氏のこのコラムに登場する男性は、
最後のコラムのご自分の夫を除いて、すべて彼女の「玩具」のよう。
それが、とても「私は魅力的な男性に愛されている女性なの」と、
女として優位に立った!と宣言しているような印象を受ける理由なのでしょう。
(最後に登場する“夫”には、とても素敵なイメージを想像させられます。
 それゆえに、長谷部氏を“イイ女”だと納得させられてしまう部分があるのでしょう)。
私は、そこが無性に気に入りました。

*
[ レディメイド*はせべ社長のひみつダイアリー(長谷部千彩氏のブログ) ]
http://d.hatena.ne.jp/readymade_hsb/
[PR]
by katefactory | 2005-05-12 22:24 | 小説・文庫本など