Metro-Mens.com
雑記「Don't call me, Henry」
 
2005年 04月 16日 ( 1 )
“美味しいトコ取り”でアクネケア「ユーシア AC」シリーズ
MISSHA「ANTI TROUBLE PATCH(アンチトラブル-パッチ)」を試しました。
説明書きが韓国語だったので、早速ネットで検索することに。
すると、アクネケア用のパッチだったことが判明。
形状から見て予想はしていたものの、
キメや毛穴対策が期待できるかも?という安易な発想で、
まったく無関係な場所に貼っていたことに後悔することに!

このパッチには、毛穴詰まりを予防するサリチル酸や
抗酸化作用が期待できるビタミンEが配合されているよう。
貼るだけで、長時間じっくりとアクネケアができますし、
シートも肌色なので、貼っていても目立たないのも良いですね。
口元や頬、そして案外出来やすいこめかみにニキビが出来たときに使用して、
雪辱戦(?)を果たすことにいたしましょう。

MISSHA「ANTI TROUBLE PATCH」(googleにて翻訳)

*
そうそう。アクネケアといえば、みなさんは「ユーシア AC」シリーズを知っていますか?
同じニキビでも、炎症を起こした状態の“赤ニキビ”と、
そうなる一歩手前の“白ニキビ”のそれぞれの状態の違いに着目。
ニキビの状態に合った適切なアプローチをすることで、
美しい肌に導くスキンケアシリーズです。

私は思春期の頃、赤白ニキビが両方ともポツポツとできていました。
二十歳を過ぎてからは、赤ニキビがときどき口元や小鼻のまわりにできてしまう肌に。
「ユーシア」のホームページで赤ニキビについて調べてみると、
脂っこいものや辛いものが大好きですし、
仕事でイライラしてしまうこともしばしばあるな、と納得。
肌乾燥が酷くなるときもある反面、皮脂の活発な分泌を感じることも。
“赤ニキビ”の詳しい説明を見て、思わず自分のことだ…と反省し、
ニキビが出来たときは「ユーシア AC」で適切なケアを心がけたくなりました。

*
私が、特に「ユーシア AC」で目指したいと思ったのは、“ニキビのできにくい肌”。
それを叶えるのは、赤ニキビ用化粧水「薬用アクネローション R」です。
肌につけると、和漢植物由来のスーッとした心地よい使い心地で肌になじみ、
赤ニキビの特徴である肌の炎症に素早くアプローチ。
肌の奥からしっかりとうるおいを与えて、過剰な皮脂分泌などのバランスを整えます。

この「薬用アクネローション R」の“赤ニキビ”へのアプローチ効果は、
肌の炎症を鎮める効果をもつ漢方「黄蓮解毒湯」の処方を参考に、
数種類の植物成分から生まれた「清熱解毒」の働きによるもの。
さらに、角質層のバリア機能の低下を防ぐ有効成分が効果を発揮して、
赤ニキビのできにくい肌を目指すのだとか。
繰り返しできる“赤ニキビ”に悩む人は、試す価値アリかもしれませんね。

この「ユーシア」は、古来中国からの医学の経験と知恵、
そして西洋の科学的なスキンケアの両方の良い点を組み合わせたブランド。
中国で昔から考えられてきた健康に欠かせない要素
「気・血・水」のバランスを正常に整えるために、
古今東西のあらゆるスキンケア成分から選りすぐったものだけが配合されています。
“美味しいトコ取り”とは、まさにこのことでしょうか。

また、自分の“ニキビが”赤白のどちらのタイプなのか、
鏡で見ただけでも違いが分かってくるはず。
そんなとき、見た目から判断して適切なケアを行いやすいという点にも魅力を感じます。
アイテムセレクトが苦手な男性に、おすすめできるブランドですね。

*
[ ユーシア ]
http://www.yuxia.com/
[PR]
by katefactory | 2005-04-16 23:10 | 化粧品