Metro-Mens.com
雑記「Don't call me, Henry」
 
2005年 04月 05日 ( 1 )
大人の“ニオイ”マナー?
ライオン「Ban」で、こんなキャンペーンをやっていますね。
※[ 「オトナマナー」&診断テスト&サンプリングキャンペーン!! ]
当選者1000名のサンプルプレゼントに加え、
全問正解すると、「Ban」の詰め合わせスペシャルセットが抽選で当たるそうです。
新社会人になった方、制汗剤に興味のある方はチェックしてみては?

*
このキャンペーンの設問にもある、
立ち居振る舞いのマナーや身だしなみに加えて、
個人的には、「ニオイ」のマナーもあるのかも?と考えています。
特に春夏の汗をかきやすい時期。
仕事中に汗のニオイがすると、集中力ややる気が萎(な)えます。

また、よく仕事中に、香水はNGだという話を聞きますが、
私は“「仕事中も、香水を控えめにつける」派”の人に賛同します。
ある程度の演出や洗練さを出してもらったほうが、好印象を持つのです。
(あくまで、苦手な人も多いので“つけ過ぎ”は禁物!
 「スプレーしたけど、ついてないよね?」と思えるぐらいが、ちょうど良いかも。
 ※「自分でつけている」と自然にわかるレベルは、すでにつけ過ぎです。

 スプレータイプのオードトワレ、オードパルファンなら、
 宙に“一度”シュッとスプレーして、その下を通り抜けてつけるぐらいがベスト。
 間違っても、直接手首やデコルテにつけないほうが良いでしょう)

*
しかし、香水がいろいろあるからといって、自分に似合うものをつけるのは素人。
そういう人は、「僕ってお洒落でしょう?デキル男でしょう?」と、
無闇やたらとアピールしたがっているような、うっとうしい印象しか受けません。
特に、甘ったるさやクドさがある香りは×。

個人的には、カルバンクライン「Ck-One」とか、
ブルガリ「ブルガリ プールオム」、ニコス「スカルプチャーオム」辺りが、
良さそうな気がしますね。
もしくは、「ギャツビー」や「ジェレイド」といった、
ドラッグストアやコンビニで販売されている、チープなオーデコロン。
香りもそうきつくないので調整しやすいでしょうし、
香りの持ちも長くないので、つけ過ぎてもすぐに飛ぶので心配は不要。
価格もお手頃ですし、勤務中も香水を使いたい方は、
このレベルでとどめておくのも、一つの賢い選択かもしれませんね。
まわりへの気配りができてこそ、「一人前」というところもあるでしょう(耳が痛いですが)。
こういう場面においては、“無難さ”が人となりを良く表現してくれる気がします。

あくまで、香りを嗅ぐのは「他の人」。
その認識こそが、「ニオイ」のマナーの第一条でしょうか。

*
一方。私は、あくまでマナーに反旗を翻し、突き進みます。
私にとって、フレグランスはモチベーションの源泉。
無臭など、何の刺激にもならないので、私は香水を愛用します。

次に手を出そうと思っているのは、ゲラン「オー インペリアル」。
トップノートではベルガモット、レモンといったシトラスがフレッシュな印象を。
ミドルノートではネロリが、やや甘みのある上質な品位を演出します。
さすが「ゲラン」!さすが「皇族に捧げられた香り」!と絶賛したくなるような、
さっぱりとした印象をもつ、上等で美しい香りですね。
男女兼用の香水ですので、女性もなじみやすくまわりへの好感度がアップしそう。
中世欧羅巴(ヨーロッパ)が好きな私(特にフランス革命前後の歴史が好き)には、
絢爛な杯を逆さにしたようなボトルもツボに。
優雅さと上品さを求める方は、ぜひ「オー インペリアル」を!

*
[ Ban/ライオン ]
http://www.banbanban.jp/
[ ゲラン ]
http://www.guerlain.co.jp/
[PR]
by katefactory | 2005-04-05 22:51 | 化粧品