Metro-Mens.com
雑記「Don't call me, Henry」
 
2005年 03月 13日 ( 1 )
2005年!新生活スタイル
就職活動が徐々にヒートアップしていくこの時期は、
実は今年就職する学生たちが、新生活を始める時期でもあるんですよね。

ちょうどヨーロッパでの海外研修から帰ってきた友達に電話をもらい、
小一時間ほど、土産話を聞いていました。
雪のヴェルサイユに、本場のチーズ・フォンデュなど。
何カ国か回って帰国したそうですが、海外に行ったのが初めてだったようで、
世界観や人生観が変わる、と口々に言っていました。

そんな春から就職する友人との話の中で、話題に上ったのが給与の話。
社会人になれば、学生の頃とはセンスも必需品も変わってきますし、
最初の給料や最初のボーナスでどんなものを買うか話し合いました。

私は、給与で最初に買うべきは、まずスーツを含めた「服」だと言いました。
シーズンごとに流行は変われど、服はあって困ること無し、です。
しかも、学生の頃は縁が薄かった会食や取材など、
さまざまなシチュエーションに合った形での「品」を求められることがあるので、
学生時代のままの服で勤務するのは難しいと思っています。

そして、最初のボーナスで買うべきは、時計。
時計は1つあれば充分ですが、1つだけ持っておくならきちんとした物を揃えたいですね。
過度な投資は鼻につきますが、
社会人ともなれば、他者からの品定めは極自然なこと。
第一印象が、その後の関係を左右することもありますので、
気後れしない程度には、多少こだわりを持ちたいところです。

ちなみに友人は、最初の給与でi-Podを買うとのことです。
最初のボーナスでは、靴を何点か揃えるとのこと。
みなさんは、何を選びますか?

*
そうそう。ちょうどシーズンもあって、
Yahoo!JAPANの特集で、[ 新生活特集 ]をやっていますね。
しかも、メンズファッションで取り上げられているのは、
「UNITED ARROWS」と「JOURNAL STANDARD」。

ここ最近の新社会人のファッションスタイルの主流は、この2ブランドでしょうか?
私は、どちらのブランドも使い分ける形でよく買い物をしていますが、
個人的には、「JOURNAL STANDARD」を含めたベイ・クルーズ系が好きですね。

特に「JOURNAL STANDARD」は、私の中でも特別クラス。
足を運ぶと、絶対に一着は欲しい服が見つかる、秀逸のブランドです。
ウエスタン風の店舗に広がる、シンプルさと上品さを兼ね備えたムード。
格調の高さを緩める反面、フランクさと渋さを併せ持ち、
年齢を選ばず、手頃な値段で良い服が買えるので好きです。
新春のバーゲンでは、パンツの他に渋めのカラーでアイテムを探し、
クリムゾンのカーディガンなどを購入。年明け早々ラッキーなひと時を過ごしました♪

また、ここのパンツのラインは、ヒップラインをきちんと引き締めてアップし、
細身のラインを維持できるしっかりとした作りのものが見つかりやすいです。
カラーも派手なハイライトのものから、ローライトのナチュラルなものまで揃えてあり、
スマートかつシンプルな印象を演出したい人にはぴったりかも。

社会人のファッション・スタイル(ってありますよね?)をイメージしにくい方は、
ぜひ一度足を運んでみては?
ここのファッションは、素人目に見ても、洗練されたスタイルを楽しませてくれますよ!

*
余談ながら、「UNITED ARROWS」の方はファッションの話ではありませんが、
HPにて関係者のコラムが連載されていて、それをよく拝読させていただいています。
特に、やまさきまりこ氏の[ bon jour et adeu(コンニチハ~そして~サヨウナラ) ]を、
何度読み返したことでしょうか!
女性のエッセイ・コラムがお好きな方は、ぜひチェックしてみて。

*
[ JOURNAL STANDARD ]
http://www.baycrews.co.jp/journalstandard/
[ UNITED ARROWS ]
http://www.united-arrows.co.jp/
[PR]
by katefactory | 2005-03-13 22:15 | 雑記