Metro-Mens.com
雑記「Don't call me, Henry」
 
モテ子という名の花になる
“小悪魔”の次は、“モテ子”?という具合に、
今、そんな俗称が流行しているのを、皆さんは知っていますか?
私は職業柄、女性雑誌をそれなりにチェックしているのですが、
モテ顔、モテメイク、モテ肌、モテ髪…と、“モテ”の花が沸いた(?)ようです。

けれど、この“モテ子”は、
「“サセ子(お下品でごめんなさいね)”であってはならない」というのが、
暗黙のルールのようですね。
女を武器にするが、姫のように高潔でなければならない。
そんな鉄則が、遥か昔からあったような仕来りとして蔓延しているようです。

でも、彼女たちの言う“モテ子”って、
確かに“男性にちやほやされる女性”を目指しているふしはあるのですが、
彼女らの胸の奥にある意識は、少しばかり違うようです。

というのは、私の捉え方では、「モテ子=女の勝者」なのです。
いくら男に姫扱いされたり、崇められても、
同性に「勝利」せねば、意味が無いのだと言っているように思いません?
男の目から見れば、モテたいのであれば、
少々の可愛さとボディを備えて、性に対してちょっとばかり軽くなれば、
誰でも男の中で“モテ子”になれるのです。

けれど、彼女らは声高に言うのです。
「私は、男の子の心を弄べるくらい美しいの!でも、尻軽女なんかじゃないわ!」
これは“モテ子”であるための合言葉なのでしょうか。
ちなみに、Wikipedia(WEBの百科事典)での尻軽の意味は、こうでした。

話は変わりますが、私は今まで多くの女性を目にしてきました。
その中で、“モテる女性”や“美しい女性”とたくさんお会いしました。

彼女らの共通点は、全く“モテる”ということに価値を見い出していないことです。
まわりに男性がいるのが当たり前のことで、
逆を言えば、あえて男性を意識する必要は無いということなのです。

“モテメイク”なんてものが流行の兆しを見せていますが、
彼女らは、誰かの目を意識するのではなく、
まず、いかに自分の目で、自分が美しく見えるかを徹底的に研究する。
彼女らには生まれついて持っていた素質でもあるのか、
それとも後天的なセンスなのか、とても美意識が高いのです。

分かり易い例ですが、女性雑誌(主に化粧品雑誌)でも、メイクアーティストは、
モデルを美しく魅せるために、
どれほどモデル自身の魅力を引き出せるか意識していますね。
私も、モテメイクを極めるよりも、各々に相応しいカラーを見極めたり、
肌質、肌感、瞼の形状などをしっかりと知り得て、
自分に相応しいメイクを授ける方が、より“モテ子”への王道のような気がするのです。

こういう美意識の高さって、何もメイクだけに限ったことではなくて、
ファッションも然り、ライフスタイルも然り、
美しくなるための美しい基準ある美しい生活(政治みたいですね)の基盤になると思います。

よく言われるでしょ?
美しい肌は、美しい食生活ありき。
一つの美は、万の美に通じるのです。
はっきり言ってしまえば、モテメイクは、その一片の花弁でしかありません。

男たちの間で姫になりたいのであれば、美しさとは何たるかを知り、
美の王道を突き進んでみては?(と、締めてみます)。

*
[ 美的/小学館 ]
http://www.biteki.com/
[ VOCE/講談社 ]
http://www.joseishi.net/voce/
[ MAQUIA/集英社 ]
http://www.s-woman.net/maquia/
[PR]
by katefactory | 2005-03-02 22:48 | 雑記
<< ベビーフェイスの瞳美人 TVCMの役割 >>