Metro-Mens.com
雑記「Don't call me, Henry」
 
正統派路線で和流ブームを生む
舞妓はんの化粧下地新発売のニュースが、
NIKKEI NETで報じられていました。(2005/02/20)
発売日は、本日でした。

最近、この“舞妓はんシリーズ”は、どのブランドよりも、
特に力が入れられている印象を受けますね。
昨年、アイライナーが出るまでの長い間、
舞妓はんシリーズは、キメの整った白肌の演出ともちの良さの売りの単品ブランドでした。
漆黒と紅赤のアイライナー(せめて、“彩り筆(アイライナー)”とかにしてほしかった)が
ヒットしたのか、次は化粧下地…と次々に新アイテムを発表しています。

今回新登場した「舞妓はんの化粧下地」は、
汗・皮脂に強く、湿気が強い場所でもしっかりメイクをキープ。
さらに、肌のうるおいを守りながら、毛穴の凸凹をカバーして、
なめらかな肌を演出するのだそう。
肌に優しい植物由来の成分も配合され、敏感肌でも使えそうなのも良いですね。

ただ、ファンデの下から“化粧下地”で化粧崩れを防ぎ、
なおかつ、“おしろい”で、ファンデの上から化粧崩れを防ぐという、
ダブルアイテムでの、フォローアイテムの王座を狙っている感があります。
(春夏向けのファンデが発売されるシーズンに先駆けて…のタイミングで、
 新発売したのも意図的なものでしょうし、
 他ブランドのファンデとの抱き合わせを狙った印象を受けました)。

さて、話は変わりますが、
“舞妓さん”の化粧について、私は以前、人からこんな話を聞いたことがあります。

舞妓さんのお化粧に必要なのは、化粧下地・おしろい・紅の3点なのだそう。
化粧下地を塗り、その上からおしろいをはたくだけで白肌を演出。
そして、目元口元に紅を差し、仕上げは練香水で、ほのかに香り付けするのだそうです。

その話を思い出したとき、“舞妓はんシリーズ”は、
ブランディングと発売のタイミングの計り方が、なかなか巧いなと私は思いました。

2種類のアイライナーを発売したのは、おそらく舞妓はんの“艶やかさ”を、
おしろいよりも、より強調してブランドイメージに取り込みたかったから。
おしろいに続いて、化粧下地を先に発売してしまうと、
どうしても“ベースメイクブランド”としてのイメージが強くなることから、
次に続くカラフルなメイクアップアイテムを売り出し難くなったことでしょう。

アイライナーの発売は、その早期のブランドイメージ定着を予防したのかもしれません。
メイクアップアイテムでワンクッション置きながら、消費者の目を惹き付けておくことで、
ルースパウダーより需要のある化粧下地のプロデュースに踏み切ったように思うのです。
先にアイライナーを販売しておくことで、
口紅やアイシャドウ、アイブロウへと展開し易くなった気がしますね。

ただ、次の新製品を企画するとき、“舞妓はんのアイブロウ(眉墨)”は
個人的に止めてほしいですね。
なんか、ものすごく眉の色が濃くなりそうなイメージがうかがえるので。
アイシャドウは、一色とはいえ、紅赤のアイライナーがあるので不必要でしょうか。
口紅を出すなら、リップライナー兼用の薄めの口紅ならいかがでしょう?と思います。

でも、個人的に一番、次に新発売してほしいのは、
おしろいや化粧下地にも香り付けされた、“ほのかな桜の香り”の練香水です。
しかも、春限定発売で、希少価値を高めたものが理想的です。

桜の香水といえば、ゲランの「チェリーブロッサム」「ラブリー チェリーブロッサム」が
あまりにも有名ですが、それ以外はいまいちパッと思い浮かぶフレグランスはありません。
ポーラ「サクラガーデン」も、ゲランに比べればマイナーですし、
ギャツビー「シャワーフレッシュ 涼桜」も、最近では、あまり目にした記憶はありません。
日本の名花“桜”の香りを、外国人のイメージとして改めて受け入れるのも素敵ですが、
純和風の香水として、ぜひ“舞妓はんシリーズ”で発売してほしいですね!

今まで発売してきたアイテムが、
ちゃんと“舞妓さん愛用のアイテム”という路線から外れていないなら、
次は間違いなく香水ではないでしょうか。
個人的に、“舞妓はんシリーズ”なら、ゲランの「チェリーブロッサム」に
負けないくらい売れる気がするんですけどね(女子高生の皆さんに)。

巷では、韓流がブームかもしれませんが、
化粧品業界では、小悪魔メイクに続いて、
“舞妓はん”が純和風ブームを生んでくれないかな、と個人的に期待しています。
こういう正統派路線のブランドこそ、注目を浴びて欲しいですね。

*
[ 舞妓はん/SANA ]
http://www.sana.jp/makeup/maikohan/top.html
[ ゲラン ]
http://www.guerlain.co.jp/
[PR]
by katefactory | 2005-02-21 23:44 | 化粧品
<< イ・ウンジュさんに宛てた手紙 マルチで行こうよ。 >>