Metro-Mens.com
雑記「Don't call me, Henry」
 
マルチで行こうよ。
今日、知人から懇願されるように、
「イソジン」でうがいをしてみて!と勧められました。
(口臭が気になった、とかではないですよ。念の為…)

何でもその知人は、二十過ぎ齢にして、
初めてイソジンでうがいをしたそうなのです。
もちろん、私もそうでした。
TVで流れるCMで、イソジンがどんなものかは知っていましたし、
「ああ。今なら、風邪の予防に使っても良いかも」というぐらいの、認識でした。

知人は、相当ハマっていたのか、
今日は持参で家に来て、目の前で勧められました。
私は半信半疑ながらも、知人の言う通りに薬剤を注ぎ、うがいをしました。
(イソジンを混ぜると、少し濃い目の紅茶のような色になりますね。
 視覚的な“味”だと、ブランデー?)

確かに知人の言うように、喉の奥のスッキリ感や口の中の爽快感は、
ハマりそうになるぐらい気持ちの良いものでした。
私は喫煙家ですし、喉の奥のうがいに気遣うべきなのでしょう。
煙草を吸うと、喉の奥に何か異物が残っていると感じるときもあります。
ですが、私は“うがい”には、リステリンやGUMのような、
虫歯予防を望んで使うことが多いです。
リステリン・GUM&イソジンの併用は、ちょっと面倒くさい気がして…。
(結果的に、何度もうがいをすることが、時間の無駄のように思えるのです)

そう考えると、虫歯予防も出来て、なおかつ喉の奥の殺菌も出来る薬剤が欲しくなります。
「口中のトラブルは、これ1本におまかせ!」的なアイテム。
どなたか、開発してくださいません?

話は変わりますが、ここ数年で、マルチユースな化粧品が増えてきたように思います。
この春に新登場した、シャネルのリュバン ペルレは、
アイシャドウやリップのアクセントカラーにまで使えるクリームタイプのフェイスカラー。
ホワイトピンクの“ムーンライト”と、ゴールドの“サンライト”の新2色が発売され、
なかなか話題を呼んでいます。
個人的には、ムーンライトのやや繊細なシルバーのニュアンスが好きです。
淡い春メイクの色合いに、クールな演出をもたらしてくれそうで、おすすめです。
一方、“サンライト”は、逆にカラフルなパステルカラー系に、
ちょっとしたメリハリをつけてくれそうで、こちらも注目のアイテムかも。
お値段はやや高めですが、そこは天下のおシャネル様と割り切って、
贈り物にセレクトしてみてはいかがでしょうか?

メイクアップアイテムは、1アイテム1使用方法が基本・原則ですが、
こういうマルチユースなアイテムは、メイン使いに据えても良いし、
サブに据えてメイクにさまざまな変化を与えるのも良いですね!
アイテム1つで、そういうクリエイト感が幾通りも楽しめるのも魅力的です。

*
[ イソジン/明治製菓 ]
http://net.meiji.co.jp/drug/isodine/

[ ドクターシーラボ ]
http://www.ci-labo.com/

[ シャネル ]
http://www.chanel.com/
[PR]
by katefactory | 2005-02-20 23:34 | 雑記
<< 正統派路線で和流ブームを生む ユートピアへの鍵 >>