Metro-Mens.com
雑記「Don't call me, Henry」
 
「姑獲鳥の夏」
本日、京極夏彦原作の映画「姑獲鳥の夏」を観てきました(エントリーは、7/17)。
原作は、まだ読んでいなかったのですが、
堤真一、永瀬正敏、阿部寛、宮迫博之、原田知世といった、
“カユいところに手が届く”キャスティングに惹かれて鑑賞。

特に、この映画では、久遠寺菊乃役のいしだあゆみの演技が秀逸。
この存在感、雰囲気、語るトーンの声調、表情…どれをとっても、
“姑獲鳥”を具現化した印象を抱きましたし、
謎が綻んでいくシーンの端々の悲哀、狂気の表現は見事!の一言。
メリハリのついた言い回しに加えて、
「ギャー!」と大声で怯えたように叫んだシーンは、鳥肌が立ちました。
彼女のキャスティングが、この映画で一番の成功だったのでは?と思っています。

*
ストーリーなどに関してはオフィシャルサイトにて、どうぞ。
[ 姑獲鳥の夏 ]
http://www.ubume.net/
[PR]
by katefactory | 2005-06-29 23:43 | 映画
<< HR「ハイドロ アージェンシー... 「URBAN RESERCH」... >>