Metro-Mens.com
雑記「Don't call me, Henry」
 
嗚呼、メンズコスメな日々/韓国メンズコスメ「HERA」
ここ最近は、今まで考えられなかったくらい超超超仕事がハードな日々。
化粧品にどっぷり浸かっているので、結局楽しく暮らしております。
(仕事が楽しいと言うと、寂しい人ね…なんて言われたことありますが)

そんな多忙な毎日でも、週末はきちんとお休みしています。
昼まで寝たり、真昼からバスタイムを楽しんだり。
或る意味、休日らしい休日を過ごしております。

今日、そんな私を騒がしく目覚めさせたのは知人からの電話。
現在沖縄へ旅行中で、免税店に立ち寄っているとのことでした。
外資系ブランドのメンズコスメで何かいらないか?と連絡をくれたので、
思わず「ランコム オム。ランコム オムは?」と催促してしまいました。

しかし、残念ながらお取り扱いしていたのは、
「クラランス メン」と「ビオテルム オム」の2種類とのこと。

嗚呼。憧れの「ランコム オム」を手に入れるには、
通販かフランスまで行くしかないのでしょうか。

近々、フランスか韓国辺りまで、メンズコスメ買出し旅行に行きたい今日この頃です。
(まとまりなくて、すみません。取り急ぎ、近況報告をば)

*
話は変わります
韓国のブログで、こんな記事を発見。
韓国の男性のスキンケア・メイクアップの習慣化は、
日本以上に進んでいるようで、
しかもUV対策、ファンデーション使いも一部では習慣化されつつあるようです。

*
この記事の中で紹介されていた「HERA HOMME(ヘラ オム)」にも、
カラーローションがラインナップに。
ベースメイクをする、と言えば少し違うイメージが沸きますが、
スキンケアの仕上げで「肌色を演出する」と言えば、
それは案外、日本でも需要がありそうなアイテムかもしれませんね。

不安定な生活習慣だと、肌も敏感になりがち。
くすんでいたり艶が無いときでも、
手軽に生き生きとした肌が手に入るなら、
日中用乳液代わりに使っても良さそうな気がするのです。
「ファンデ」と言われると身構えてしまうでしょうが、
「ローション」と言えば、それほど変な先入観も働かない。
個人的には、そのアイテムを初めて知ったとき、そんな印象を抱きました。

このアイテムは保湿ケアをするとともに、
配合されたパウダーがベースメイク効果を発揮するもの
見た目の上で効果を実感しやすい点も、
日本人男性に巧くリリースすれば受け入れられそうな気もしますね。
肌色を速攻で変えたいけど、女性向けのアイテムを使うのはちょっと…という男性が、
スキンケアユーザーの中には結構いそうですが、いかがでしょう?

明日は、韓国人男性に、どんな色モノがヒットしているのか探してみようかな。

*
[ HERA ]
http://www.hera.co.kr/index.jsp
[PR]
by katefactory | 2005-06-24 00:11 | 化粧品
<< クリニーク「M protect... 怒涛の読書週間 >>