Metro-Mens.com
雑記「Don't call me, Henry」
 
東京タワー
若き青年と、40代の女性の恋愛を描き、
今年の初めに映画も公開された、江國香織氏原作「東京タワー」。
遅ればせながら、このたび読んでみることに。

というのも、後日発行予定のメルマガ「Metro-Mens.Mail Magazine」のコンテンツ、
東京を描いた『蓮茶通信』の題材に、東京タワーを扱おうと思ったからなのですが。

東京タワーは、私が東京に住む前から思い入れのあった場所。
夜のネオンサインの中でもひときわ目立ち、
華やかな東京の街を見守りながら、退屈そうにも見える鉄塔。
第一回目は、これ以上に相応しい場所は、思い当たりませんでした。

私なりの「東京タワー」を、表現できればと思います。
ぜひ、お楽しみに!

*
そうそう。
江國香織氏原作「東京タワー」は、男性が読んでも楽しめそうです。

女性が年下の青年相手に恋に落ちるというシチュエーションを、
主人公、透(21歳、男性)の視点で描かれているので、
ここに描かれる物語にもすんなりと入っていけることでしょう。

個人的に、私は、詩史の不思議な軽さがとても好きです。
モラルの面でも納得する部分はありませんし、
恋愛に身を投じる姿にも共感は覚えないのですが、
雰囲気のはしばしで表現される、享楽的な艶やかさに惹かれます。

「人が恋におちるのは、空気」とありますが、それを体現する詩史。
文章を通して見えてくる、詩史の振る舞いに、“「」”の中の会話。
そして、喜美子とは対照的な、詩史らしい巧みな焦らし感。
きっと読者が男性なら、それは無邪気に見えるのでしょうし、
読者が女性なら、それはかなりの計算ずくめの戦術のように見えてくるはず。

一つのシチュエーションの中でも、男らしさと女らしさが渦巻いていて、
同じ場所にいても、「恋」の楽しみ方が違う。
恋の紡ぎ方がまったく異質であるからこそ、
交わることでしか確かめ合えない、同調できない感覚がある。

個人的には、そんな感想を抱いた小説でした。
この夏に読む本をお探しの方、こちらを読んでみてはいかがでしょうか?

*
[ 東京タワー ]
http://www.tokyo-tower.jp/
[PR]
by katefactory | 2005-06-15 22:08 | 小説・文庫本など
<< メルマガ登録スタート! ブラザーフッド/何度観ても泣ける映画 >>