Metro-Mens.com
雑記「Don't call me, Henry」
 
男性の美容部員
夏が近づくと、テカリやザラつきが特に気になり始めるもの。
この肌のザラつきの原因は、毛穴に詰まった皮脂や角栓なのだそう。
ゴマージュなどで、毛穴の汚れを掻き出すのも解消方法の一つです。

今日は「RMK」で、発売以来話題の「ジェルスクラブ」を購入してきました。
やはり、何度使っても、使い心地は他とは別格。
丁寧に優しくマッサージすれば、肌がなめらかに。
今年新発売されたアイテムの中で、個人的にはベストコスメにしたい洗顔料です。

毛穴対策の特集になれば、大抵このアイテムが紹介されていることからも、
その人気ぶりがうかがえますね。

*
話は変わります。
今日、RMKのコスメカウンターに足を運んだら、
珍しく男性の美容部員さんがいらっしゃいました。

お客さんは、全員女性。
まわりの他のブランドのコスメカウンターも、女性ばかり。
私とその美容部員さんだけが男性でした。

しかし、「男性だから…」とお客さんが困っていた様子もなく、
穏やかな接客振りが好印象のようでした。
百貨店の男性の美容部員は異質な存在ではありますが、
ある意味エッセンスなのかもしれない、と思うところも。

また、私はそのとき、こんなことを考えていました。
それは、男性が男性に商品を説明されるということ。
私が以前化粧品を販売していた頃、
何度か男性のお客さんを対応したことがありました。
けれど、特に何か変わったことはなかったですね。

時々ご年配の婦人に、
「女性の店員を呼んできて」と言われたことはあります。
それは、「男性は化粧品について知らない」という先入観からでした。

また、私のまわりには、確かに
「デリケートな話は、同世代のほうがしやすい」と言う女性もいます。
肌の悩みは、女性にとって苦しいものでしょうし、
その気持ちも理解できる気がします。

しかし、一昔前みたいに、
多くの女性が男性の化粧品業界参入を、
「抵抗感あり」という印象はなくなってきていますね。

*
一方、お客さんが男性の場合、
あまり相手の性別を気にしない気がしますね(もちろん、人それぞれではありますが)。
私も、そう。
年頃も割合近い男性の美容部員さんがお相手ですと、
知人感覚で気軽に化粧品の話ができるかもと思います。
それに、性別云々よりも、まずは接客の印象次第ですしね。
同じ男性に使い心地を聞いたほうが、納得できる部分もあるでしょう。

「RMK」は、メンズラインを作らなくても、
そのままスキンケアラインを男性におすすめできそうなブランド。
私も大好きなブランドです。
(詳しくは、3/6エントリー「うるおいましょう、フルーツで。」もどうぞ)
これからも、男女に限らず受け入れられていくと良いですね!

次は、美白美容液「ブライトニングエッセンス」を試してみましょうか。

*
[ RMK ]
http://www.rmkrmk.com/japan/
[PR]
by katefactory | 2005-05-21 22:11 | 化粧品
<< メトセク.jp 夢と欲望のコスメ戦争 >>