Metro-Mens.com
雑記「Don't call me, Henry」
 
それぞれのゴールデンウィーク
GWも一日が過ぎると、逆に残りの休みの数を数え始めてしまいました。
読者のみなさんは、どんな連休をお過ごしですか?

私はというと、軽い外出と買い物に明け暮れつつ、
観たいと思っていて観れなかったDVDを楽しんでいます。
この連休で観たのは「僕の彼女を紹介します(チョン・ジヒョン、チャン・ヒョク主演)」や
「恋の門(松田龍平、酒井若菜主演)」など。

GW前半は、休息の日々を過ごす予定です。

*
先日、就職活動中の学生の方から丁寧なメールをいただきました。
私の過去のエントリーを読んで、お便りをくださったとのこと。
まだ内定が決まらずどうしようか悩んでいる、といった内容でした。

こういった悩みが出てくるのは、きっと時期的なものなのでしょう。
受験生でいえば、夏休みが天王山と言われるように、
就職活動中の学生さんにしてみると、この時期が明暗の最初の分かれ目でしょうか。
人気企業の多くは、もう採用を締め切ったか選考が進んでいるところでしょう。
たくさんの不採用通知と手駒が日を追うごとに減少していくことを考えれば、
プレッシャーに悩むのは普通のことかもしれませんね。

上手なアドバイスができるわけではありませんが、
私なりの回答をご返信させていただきました(頑張ってくださいね!)。

*
当時の私のまわりを振り返ると、この時期は“暗”が少なめでした。
就職意識の高い人は既に内定をとっていましたし、
就職活動をしない人は、進学を決めていることが多かったですね。
しかし、中には、連休前に選考中の会社がゼロになった人もいました。

そういう人たちは、このGWで説明会や面接が少なくなっているタイミングを利用し、
GW後に選考を開始する会社を、あらゆる手段で調べ上げていました。
休み明けにスケジュールを詰め込むよう、動いていた覚えがあります。

彼らが大事にしていたのは、「休み=学校のスケジュールを空白にする」という考え方。
GWは、就職活動に集中しやすい時期かもしれませんね。

世間的には嬉しい、ゴールデンウィーク。
みなさまは、いかがお過ごしでしょうか。

*
話は変わります。
私は最近、久々にコトラー氏やドラッカー氏の著作を読み直しています。
今読んでいるのは、ピーター・F・ドラッカー氏の
チェンジ・リーダーの条件―みずから変化をつくりだせ!
  はじめて読むドラッカー (マネジメント編)
」。

学生時代に経営学や経済学をまったく学んでいませんでしたが、
社会人になってから、“マーケティング”や“マネジメント”といった類の本を愛読しています。
(職業柄、影響を強く受けたというのもありますが)。

先日、「特に、4月最後の日曜の夜は」のエントリーにて、
“経営者の視点”を大事にしようとしていると書きましたが、
私が、マネジメントについて知るための最初のステップとなった1冊です。

思い入れの本を読むとき、私はいつも、最初に読んだときの自分を思い出します。
“あの頃のひたむきさ”を、ときどき思い出すのも大切なこと。
「何もできない」とか「何もやりたいことがない」と悩んだ日々。
それが、結局のところ「何も始まっていない」ということに気づいたこと。
優れた書物というものは、読者の思い出まで閉じ込めておけるものかもしれません。
[PR]
by katefactory | 2005-04-30 23:07 | 雑記
<< 夏向け保湿ケア/エスト「クリー... [COLUMN]スタート!「S... >>