Metro-Mens.com
雑記「Don't call me, Henry」
 
フレグランスキャンドル/ハッピー フォー メン
昨日のエントリーの続きです。
「Franc franc」で、買い物をしたときの話です。

私がちょうどレジに並んだとき、すぐ前に並んでいた同じ年頃の男性は、
どうやら一人で店に来ていて、買い物をしていたよう。
籠の中を盗み見ると、アロマキャンドルを数種類選んで買っていました。

心の中で「同士!」と叫んだのは、もちろんのこと。
今は、男性が一人でキャンドルを買っても違和感のない時代。
女性よりも、アロマ雑貨に詳しい男性は、なかなか巷に多そうです。

*
私は、もともと蛍光灯のような人工的な光が苦手です。
長時間一人で眺めていると、気が滅入ってしまいます。
だから、生きているようにゆらゆらと揺らめくキャンドルのほうが好き。
よく茶香炉(お茶の香りを楽しむ容器)でキャンドルの光と茶の香りを楽しんだり、
フレグランスキャンドルを灯して、リラックスタイムを過ごします。

キャンドルの中でも、愛用しているのは香水の香りがする「フレグランスキャンドル」。
「ロフト」などの大手雑貨店に行くと、だいたい一つ80円くらいで、販売されていますね。
最近では、十種類以上のフレグランスキャンドルが発売中のよう。

私が特にお気に入りなのは、
イヴ・サンローラン「ベビードール」とクリニーク「ハッピー」。
もともと、どちらのフレグランスの香りも好きですが、
前者はピンクめの赤、後者は黄色めのオレンジといった蝋のカラーもなかなか可愛い感じ。
火を消した後も、大好きな香水の香りが儚く香るので、こまめに購入しては愛用しています。

*
そうそう。クリニークといえば、「ハッピー フォー メン」について語らねばなりません。
これは、私のお気に入りのフレグランスです。

これは、つけた途端にスパイシーかつフレッシュなシトラスの香りが広がって、
「まさにハッピー!」とご機嫌が良くなるような、爽やかな香りのメンズフレグランス。
柑橘系の好きな男性は多いですが、このフレグランスの柑橘さは別格!
甘すぎず、すっきりとした清清しい印象の香りは、
男性のクールさと爽快さを同時に表現しているよう。
シャープさを微かに残しながらもスウィートに香るので、
メンズフレグランス特有の鼻に残るスパイシー感が苦手…という人にもおすすめです。

そろそろ春夏向けのフレグランスを探し始める人も多いのでは?
なかなか自分に合う香水が見つからない人は、
出逢いの春が終わる前に、ぜひお試しあれ!

*
[ クリニーク ]
http://www.clinique.co.jp/
[PR]
by katefactory | 2005-04-04 23:36 | 化粧品
<< 大人の“ニオイ”マナー? 朝から、キッチン雑貨コレクターに >>