Metro-Mens.com
雑記「Don't call me, Henry」
 
薬用アデノゲン
この春、「資生堂」から新発売された発毛促進剤「薬用 アデノゲン」。
人の体にもともと存在する育毛有効成分“アデノシン”を、
世界で初めて実用化し、新配合した養毛・育毛剤です。
髪の成長をしっかりとサポートしながら、
かゆみやフケを防ぎつつ、薄毛や脱毛も予防します。

*
この「アデノゲン」の容器を見ると、
育毛剤の分野でも「化粧品」のイメージを
浸透させようという動きが垣間見える気がします。
「SHISEIDO MEN」を意識してか、
見た目もものすごくラグジュアリな感じに仕上がってますね。

育毛や養毛といったヘアケアは、男性ならやはり敏感になってしまう問題。
この「アデノゲン」は、今までネガティブなイメージの方が強かった
“育毛”の先入観を、払拭してくれそうな期待すら与えてくれます。

特に今回面白いと思ったのは、CMで登場する写真の中に、
20代らしき男性の写真もあること。
これは、別に「若ハゲ」の人に対して向けたものではなく、
あくまで「20代からのヘアケア」を提案しているのでしょうね。
早ければ20代前半から、「ハゲ予防」のヘアケア意識は持ちますし、
従来の“育毛剤はおじさんの使うもの”という偏見にとらわれていないところに、
私は共感を覚えました。
(「アデノゲン」のウェブサイトで、CMのメイキングを紹介しています)。

男性である以上、ハゲを気にするのは当たり前ですし、
そのために念入りにヘアケアをすることは、当然では?
事実、私のまわりの20代の男性でも、
すでにハゲ予防のヘアケアを始めている人はいます。
私自身は、まだ育毛剤・養毛剤を使ってはおりませんが、
シャンプーやコンディショナーなどは、
頭皮にやさしいもの、皮脂の毛穴詰まりをしっかり防いでくれるものを選びます。

“ハゲ”は遺伝の影響が強いものだと言われていますが、
毎日の頭皮へのお手入れも大切なこと。
男らしく堂々と、スタイリッシュに育毛を始めてみるのも良いのでは?

*
[ 薬用 アデノゲン/資生堂 ]
http://www.shiseido.co.jp/adeno/
[PR]
by katefactory | 2005-03-30 23:11 | 化粧品
<< 新しいノートを買いました 韓国コスメ「Missha」(K... >>