Metro-Mens.com
雑記「Don't call me, Henry」
 
男性のハンド&ネイルケア
goo Researchが1月に行った男性化粧品に関する調査で、
こんな結果が出ていましたね。
※[ 男性化粧品に関するアンケート/<30代が新購買層に 人気はハンドケア> ]
私自身、何気にオールシーズンでハンドケアをしているな、と
改めて再認識する調査結果でした。

振り返って考えてみると、今まで仕事をしてきた中で、
お相手に手のチェックを入れられて、褒められたこともありますね。
特に会食の場面に置いて、ご年配の方からお褒めの言葉をいただきます。
これと言って大きな得をした覚えはありませんが、
「磨いていて損は無いかな?」と思うことは、しばしばありました。

顔もそうなのですが、スーツであろうとカジュアルであろうと、
手は常に露出していますし、“ジェスチャー”という体の表情が表れてくるパーツ。
みなさんも、どなたかと話していて、相手の身振り素振りを眺めているとき、
ふと相手の“手”に視線が釣られたことはありませんか?
私自身、視線を引きずられてさりげなくチェックするのですが、
手や爪がキレイか否かによって、大分相手へのイメージが変わってきます。

というのも、“体のすみずみまで、抜かり無く手入れをしている”人は、
“几帳面さ・生真面目さ・礼儀正しさ”など品格を備えた人が多いですし、
そこには大抵仕事上で表れてくる姿勢や能力が反映されていると感じることが多いです。
お会いしたみなさんがすべてそうだとは言いませんが、
体のすみずみまで清潔感があふれている人は、
人間的なキャパシティの広さ、相手への気配りがわかりやすい人が多かったですね。

最近ではネイルサロンに足を運ぶ男性も増えてきた、とのお話をよく聞きます。
私はネイルサロンに行くことはとても良いことだと思いますし、
磨かれた後の手を見ると、自分がレベルアップしたことを実感しやすいとも思っています。
ハンドケアは、顔の肌よりもケア効果を劇的に感じやすいですし、
速効で自分の中のネガティヴなイメージを払拭するのにぴったり。
顔へのスキンケアに抵抗がある人は、まずハンドケアから始めてみてはいかがでしょうか?

*
私が普段愛用しているハンドクリームは、
「メンソレータム/メンソレータム薬用 ハンドベール ラッピングジェル(緑)」です。
ウォータリーなテクスチュアが肌表面を包み込んで、
しっとりとした艶のある手に導いてくれます。
塗るだけで手先に艶感をもたらして、若々しい印象を演出してくれますし、
手のくすみや色あせ感が気になる人におすすめです。
サイズも4種類あり、携帯にも便利な30g(チューブ)は、
ぜひ職場のデスクに常備しておきたい一品ですね。

手の肌荒れや乾燥が特に気になる人は、尿素配合の
「メンソレータム/メンソレータム薬用 ハンドベール モイストクリーム(赤)」を試してみて。
肌の細胞膜の構造に着目して開発された成分保水バリア「MPC」配合で、
肌の奥からリッチなうるおいを与えて、みずみずしい手をキープします。

また、ネイルケアでは[ メトロセクシャル委員会 ]でも紹介されていた、
「O.P.I/アボプレックスキューティクルオイル」がおすすめ。
さらりと爪に塗るだけで、乾燥した爪をうるおし、美しいネイル作りをサポートします。
オイル特有のベタつきもなく、爪全体になじませてマッサージすると、
スジやささくれ、二枚爪など、ネイルトラブルを素早くケアしてくれます。

キューティクルオイルでネイルケアをしても、
まだ爪の艶などが気になる人は、トップコートやネイルカラーなどを
取り入れると良いかもしれませんね。
以前、O.P.Iから「タキシード コレクション」というメンズ向けの
ネイルカラーが出ていたはず(限定発売だったでしょうか)。

ちょっとした気遣いで、がらりと印象を変えてくれるハンド&ネイルケア。
特にネイルケアは、一見難しそう?なんて思われがちですが、
慣れれば眉のお手入れより簡単ですよ。
ぜひ一度体験してみては?

*
[ メンソレータム/ロート ]
http://www.rohto.co.jp/
[ O・P・I ]
http://www.opijapan.com/
[PR]
by katefactory | 2005-03-20 23:10 | 化粧品
<< 新卒社員の最初の悩み メトロセクシュアル(metro... >>